天に代わり成敗いたす!   

THE HIMEN "Kakitsu no yakyu ikki"       

STORY- - - - - - - - - - - 1441年(嘉吉元年)
土倉による高利により民衆の徳政令発布を求める声は世に溢れていた。一方で世に蔓延る悪行を正すため 仮面姿の男『火面(ファイアマスク)』が京の都で暗中飛躍していた。 その噂は宮中まで上り関白二条持基(小倉一郎)の耳に届く。時の将軍足利義教は権威強化に尽くし政は極めて強硬、次々と消されていく家臣に御家人は恐怖で支配されている。そんなある日、赤松満祐は結城合戦の祝勝と称し義教、 管領細川持之(坂元健児)、

三条氏、京極氏らを自邸へ呼び寄せる。宴が始まるや飛び込んできた武者の安積行秀(林健樹)により将軍の首は刎ねられたのであった。 この場にいた輩は細川持之を筆頭に火の粉を散らすように逃げたが、 ただ一人身を呈し将軍を守ろうとした細川持春(和泉元彌)は腕を刎ねられてしまう。 これが後に語られる『嘉吉の乱』である。腕を落とされた持春は世を忍び鬱蒼とした山奥へ向かい今生の暇乞いを告げる。 そこへ目の見えぬ十声房(スティーブ・エトウ)が持春を介抱するのであった。

民衆の苦しみと怒りは一縷の望みをかけた徳政令発布の一揆へと向かう。 一方、土倉の金光長寿郎(川島正治)に雇われた輩どもが若い女を置屋へと売りつけ、長寿郎の妻・ぎん(なかじままり) らによる徴収はますます厳しくなっていた。これに業をにやした近江御前(咲良)は民を集め一念発起『徳政令』を請願する。 腕を失い今世を、火面を、正義を捨てるに至った持春。困窮する人々の未来を救う新たな施策の結末やいかにー。